法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 紫雲の滝

紫雲の滝 しうんのたき

最終更新日: 2019年5月15日

基本情報

湖南市の阿星(あぼし)山の山麓近くにある紫雲の滝は、高さ3mのあまり大きくない滝です。この辺りは、夏でも長袖が必要になるほど涼しいところで、避暑には最適な場所といわれます。 この滝には子授け伝説があります。奈良時代、東大寺の大仏造営で知られる聖武(しょうむ)天皇は、子供がいないことで困っていました。そのため、この滝の不動に仕える法師に頼んで滝不動に祈願してもらい、後に孝謙(こうけん)天皇が生まれました。法師が滝不動に祈願した時、霊験の証として滝から美しい紫の煙が立ち上ったといわれ、このことがこの滝の名前の由来となっています。

備考:高さ3m

所在地 湖南市東寺
アクセス
公共交通機関
JR草津線 「石部駅」 下車 車 15分
名神高速道路栗東インターより約30分・竜王インターより約30分
その他
R草津線石部駅から車で15分、長寿寺前下車、徒歩30分
ホームページ 湖南市観光ホームページ「ぶらりこなん」
お問い合わせ

(一社)湖南市観光協会

TEL:0748-71-2157

FAX:0748-72-9622

E-mail:[javascript protected email address]

観光・レジャー

湖南市の阿星(あぼし)山の山麓近くにある紫雲の滝は、高さ3mのあまり大きくない滝です。この辺りは、夏でも長袖が必要になるほど涼しいところで、避暑には最適な場所といわれます。 この滝には子授け伝説があります。奈良時代、東大寺の大仏造営で知られる聖武(しょうむ)天皇は、子供がいないことで困っていました。そのため、この滝の不動に仕える法師に頼んで滝不動に祈願してもらい、後に孝謙(こうけん)天皇が生まれました。法師が滝不動に祈願した時、霊験の証として滝から美しい紫の煙が立ち上ったといわれ、このことがこの滝の名前の由来となっています。

備考:高さ3m

お問い合わせ

(一社)湖南市観光協会

TEL:0748-71-2157

FAX:0748-72-9622

E-mail:[javascript protected email address]