「近江上布」ができるまで

滋賀県にある小さな町「愛荘町」でとても貴重な経験をしました。現代では洋服は非常に安価で、手軽に買えるものになっていますが、一枚の洋服ができるまでの伝統的な過程をもし知る機会があったら、きっと皆さんもっと大事に洋服を扱うことになると思います!

夏には欠かせない洋服の素材である麻ですが、今回は「苧麻」と呼ばれるリネン素材の布を作るため、愛荘町にある近江上布伝統産業会館を訪れました。

CIMG3792.JPG

〒529-1331 滋賀県愛知郡愛荘町愛知川13−7 (駐車場有り)TEL:0749-42-3246 FAX:0749-42-6488
アクセス:JR「近江八幡」駅または「彦根」駅より近江鉄道乗り換え、「愛知川」駅下車、徒歩5分、JR「能登川」駅下車、近江鉄道バス角能線「福祉総合センター愛の里」下車、徒歩2分

植物の状態の苧麻から繊維を取るため、苧麻の栽培されている畑に行きました。有機栽培で農薬は使われていません。高さも身長160㎝以下の人ならすっぽり入れるくらい、すくすく育っていました。

IMG_20180614_101554.jpg

CIMG3800.JPG

伝統工芸士の立石さん。お召し物も素敵です♡イラクサ科なので肌の弱い人はかゆくなったりするそうですが、私は鈍感なので全然大丈夫でした(笑)

刈り取った苧麻を今度は繊維の部分だけ丁寧に取って行きます。これはなかなか面白い!ずっと続けていても苦になりません。むしろ「無」の状態になり、まさに「無我夢中」です。

IMG_20180614_104536.jpg

IMG_20180614_102557.jpg

まだまだ工程は続きます(汗)出来上がった繊維の部分を今度は糸になるように紡いでいきます。最初は見本の様にはうまくいきません。

IMG_20180614_110548.jpg

IMG_20180614_110503.jpg

ここまでで午前中が終わります・・・・(汗)

お昼を食べた後、自分で紡いだ糸を機織りできるように巻き付けた後、伝統工芸士さんのご指導で機織り機にセットします。

IMG_20180614_131155.jpg

CIMG3881.JPG

ふう~。。。これでいよいよ機織りができます。このままで近江上布をしっかり作ると何日も近江上布伝統産業会館に泊まり込みしなければならないので(苦笑)今回はコースターを作ることになりました。

IMG_20180614_134314.jpg

ところが10センチ四方のコースタであっても一筋縄では行きません(汗)初心者はこんな小さい布でも数時間はかかりました・・・。

やっと出来上がったコースターは一生の宝物。この工程を考えたら、麻でできた着物やのれんが高価なのも納得です。一生ものと言われるのがよくわかりました。

CIMG3910.JPG

近江上布伝統産業会館の田中さん、西川さん、伝統工芸士の立石さんほか皆さん、本当に一日中お付き合いいただいてありがとうございました。

近江上布ができるまでの行程を経験してみたい!という方は、定期的におこわなれている体験ワークショップにぜひ参加してみてください。豊富な体験メニューはこちらでごらんくださいね。

週末、三井アウトレットパーク 滋賀竜王で行われた「竜王まるしぇ」に出かけてきました。

IMG_3413.JPG

IMG_3394.JPG

新鮮な野菜がいっぱい!!

IMG_3397.JPG

ゼリー.png

乾物.png

ロング.png

IMG_3401.JPG

その他、近江米や加工品、近江牛のお弁当まで!!盛りだくさんの出店でした。特設ステージでは、その新鮮な野菜を使った料理の方法や、おいしい食べ方などを紹介されていましたよ。このマルシェは定期的に開かれていて、次回は7月21日(土)22日(日)に開催されます。どうぞお楽しみに!!

そして、道の駅・SA好きの私としては寄らないといけないスポットが。

8.png

道の駅「竜王かがみの里」です。こちらにも農産物直売所があります。

IMG_3408.JPG

11.png

IMG_3409.JPG

生産者の方々の顔写真がずらり。

みなさんが丹精して育てられた自慢の野菜です。それにしても竜王町は魅力的な農産物がたくさんありますね。

IMG_3411.JPG

13.png

どれもおいしそうなものばかりですが、私が選んだのはこちら↓↓

14.png

この季節はざるそば!!ですよね~。冷たいお蕎麦にしていただきました!歯ごたえがあって、お蕎麦の味がしっかり感じられました。めんつゆも付いていてお手軽!美味しかったです☆

道の駅やSAは、そこでしか味わえない、そこに行かないと手に入らないものがたくさんあります。みなさんも滋賀県にお越しの際は、ぜひ道の駅やSAに立ち寄って、自慢の食材を味わって下さいね!

〇「竜王まるしぇ」についてはこちら↓↓

http://www.rmc.ne.jp/dragon-kanko/oshirase/marusye.html

〇道の駅「竜王かがみの里」についてはこちら↓↓

http://www.rmc.ne.jp/kagaminosato/

日に日に日差しが強くなってきましたね。

そんな中、緑が生き生きと芽吹いている場所があります。

1.png  茶園ロング.png

茶園看板.png 茶園アップ.png

大津市坂本にある「日吉茶園」です。

今から約1200年前の平安時代、延暦寺を開いた最澄が唐(中国)から種子を持ち帰り、この比叡山麓に植えたのが日本茶の歴史の始まりだといわれています。現在は約110平方メートルの広さに約20株の茶の木が植えられており、日吉大社の神事に使われています。

今年も、今月上旬に摘み取りが行われました。

日吉茶園日吉大社HP.jpg(写真:日吉大社)

では、そのお茶がどんな味なのか気になりますよね~。

この日吉茶園の枝を、お茶の名産地、甲賀市土山町の茶園が譲り受け、大切に育てられているんです。今年も新茶ができました☆

大津市の老舗茶舗ではその新茶を手にすることができます。

日吉茶園賞品.jpg 茶葉.JPG

(写真:中川誠盛堂茶舗)

今年もまろやかでおいしいお茶ができたそうですよ。

年間数キロしか採れない貴重な一品。

みなさんも一度、日本茶の原点を味わってみてはいかがですか。

日吉茶園:京阪比叡山坂本駅下車すぐ

中川誠盛堂茶舗:滋賀県大津市中央3-1-35 http://seiseido.com/

 

五月なのに真夏日が続いたりしていますが、こんな天気の良い日は琵琶湖クルーズなんていかがでしょう?

でもお高いんでしょう?

いえいえ、彦根港からたったの1500円ポッキリ。しかもJR彦根駅から無料のシャトルバスで彦根港までいけちゃうんですよ~。

その琵琶湖クルーズの行先は「多景島」です。

IMG_20180515_144900.jpg

多景島行のクルーズ船は一日2便ありますが、島に上陸できるのは15時10分彦根港発の1便のみ。今回はどうしても上陸したいので、この午後の便に乗ることにしました。

IMG_20180515_150748.jpg

多景島が近づいてくるにつれてドキドキです。島の外観が物々しく、軍艦とも見えるし、うっそうと木が茂るジャングルにも見えます。

IMG_20180515_152526.jpg

気分は「川口浩探検隊」(古っ!)、上陸が待ち遠しくてソワソワ。

IMG_20180515_153156.jpg

テレビの探検隊だとカメラマンと照明さんが先に洞窟に入る♪って歌がありましたが、我々の場合は「彦根市ボランティアガイド」さんが先に入ります(笑)どうここちらへ!と笑顔でご案内頂きました。

上陸はたったの30分だけ許されています!さて、生きてクルーズ船に戻ってこれるのでしょうか・・・・ガクガクぶるぶる。

だってお客さん、こんな道ばかりなのですよ~(汗)

IMG_20180515_154028.jpg

一通り多景島の観光名所(といっても島は周囲たっての600m)を回ったのですが、特筆すべきは「見晴し岬」。

IMG_20180515_155115.jpg

道なき道を行く先に待ち受けているのは大絶景!がけっぷちの先に広がる琵琶湖の美しさ。まさにジャングルのなかのオアシスでした。

IMG_20180515_155417.jpg

まるでエーゲ海。大絶景です。実際の景色はぜひ皆さんの目で確かめてください。

IMG_20180515_153421.jpg

ちょっとした海外旅行気分も味わえて、ゴージャスなクルーズもお手頃価格、そのうえジャングル探検気分も味わえちゃう!

ぜひ天気の良い日に多景島クルーズを楽しんでみてくださいね。

多景島クルーズのご案内はオーミマリンのホームページで詳しくご覧ください。

近鉄草津店で行われている「近江湖国のええもん・うまいもんフェア」に行って来ました。

会場にはおいしいものがた~っくさん!今回は滋賀県内の35店が出店し、そのうち10店舗が初登場です。

さっそくご紹介します。

竜王ふなずし工房.png ふなずし.png

まずはなんといっても鮒ずし。これぞ鮒ずし!というお味でした。濃厚で後を引く味わいです。ご自宅にも、食卓にも贈答用にもぴったりです。

お茶GS.png お茶1S.png

こちらはお茶。店内にはお茶のいい香りが漂っているんですよ~。もちろん試飲もOKです。

コロッケ実演.png コロッケ1S.png みたらし団子.png

実演コーナーもあります。揚げたてほくほくのコロッケをお持ち帰りいただけます。常に行列ができていましたよ。

近江米を使ったみたらし団子も、目の前で焼いて垂れつけの作業が見られます。

カレーパンGS.png カレーパン大.png

こちらは、近江牛カレーパン。私、今まで食べたカレーパンのなかで一番おいしかったかも☆

ふわっとしたパン生地に、ほんの少しスパイシーなカレーが本当においしいんです!しかも揚げずに焼いているのでヘルシーなんですよ。

試食用はビッグサイズ。一見の価値アリです☆

地酒.png さば寿司.png

 湖魚.png おはぎ.png 

そのほか、地酒やさば寿司や湖魚やおはぎなど・・・滋賀県らしいものがたっくさん!!

そしてひときわ目を引くのがこちら。

ケーキGS.png お花ケーキ.png

ショーケースに並んだお花のケーキ!食用花を使ったものでとってもかわいい♡SNS映え間違いなしです!

母の日にもぴったりですね♡

まだまだありますよ~

酢GS.png ビワイチゼリー.png

老舗のお酢専門店です。リンゴ酢にすし酢に・・・え?

「ビワイチ発酵ゼリー」??

なんと、ふな寿司の飯や酒かすが入っているそうです。

琵琶湖を一周するビワイチサイクリングのお供に!お酢のパワーでもう一周できるかも・・・。

コクヨGS.png ちりめんA.png

ちりめんB.png 仏壇.png

琵琶湖をモチーフにした文具や、女性に人気のちりめんブラウス。NHKの「ブラタモリ」でも紹介された彦根仏壇など。

ほんとうに滋賀ならではのたくさんのお店が一同に出店されています。まだまだ紹介しきれなかった商品や、期間限定のお店もあります。

もちろん観光案内パンフレットも設置していますよ。

パンフ.png

この機会にぜひ、会場を訪れて滋賀のええもんうまいもんを手に取ってみてください!!

おまけ↓↓

シュークリーム.png

美味しすぎて、ぺろり。今日はたくさん食べたな~

あれ? 私、ダイエットしてなかったっけ???

「近江湖国のええもん・うまいもんフェア」

期間:5月15日(火)まで (*最終日は18時まで)

場所:草津近鉄4階 催事場

ハーブの香りに癒されました☆

  • 投稿日:
  • by

大型連休の最終日、近江おごとハーブガーデンに行って来ました。

小高い丘の上にあるこのガーデンには、無農薬でで育てたたくさんのハーブが生き生きと根付いています。

タイトルなし.jpg ほうき.png ストロベリー.jpg

赤い株.jpg 門.jpg 紫株.JPG

ここでは、ハーブの知識が豊富なスタッフが、園内のハーブの一つ一つの料理方法や

効能について教えてくださいます。

時には葉っぱをちぎってにおいをかいだり、手触りを楽しんだりします。

こちらは「ラムズイヤー」。触ると羊の耳みたいにふわっふわなんですよ。(触ったことないけど)

ひつじの株.jpg ふわふわ葉.jpg 

そしてこちらが、手紙の木と呼ばれる「タラヨウ」。石でこすると・・・

文字が浮かび上がってきました!!

昔の人々は、これでお手紙を書いていたのかも!?

ほうき木.jpg ほうき葉.jpg 手紙の木.jpg

私が一番楽しみにしていたのがこちら!園内の好きなハーブを摘み取って、

フレッシュなハーブティーをいただきます!

摘み体験.JPG ハーブティー.JPG

すっごくいい香り!!私はスッキリ系のミントを多めにしましたが、自分好みのセレクトにしてみても☆

もちろんその日の体調や好みなどはスタッフの方が相談に乗ってくれます。

建物の中にもハーブがずらり。

ハーブ瓶.JPG セロリ瓶.JPG 石鹸.JPG

お料理に使うものから、ハンドクリーム、石鹸など、いろいろな活用方法があるんですね~。

ハーブって奥が深い!!

今日は、ハーブティーやハーブソルト、石鹸が入ったセットのお土産ももらって大満足!!

今度は何かワークショップに参加してみよう☆

皆さんもこれからの季節、すがすがしい風に吹かれながらハーブの魅力に浸ってみてはいかがですか?

お土産.JPG ショーン.JPG ←ひつじの名前は「ショーン」

お問合せ:近江おごとハーブガーデン (電話)077-572-8880

営業時間:4月~10月 10時~18時、11月~3月 10時~17時

要予約:体験 1000円~

定休日:不定休

 

コアな美術ファンならだれでも知っている、信楽の山の中にある美術館「Miho Museum」。最近、日本の桜の名所ベスト3にも選ばれたらしく、春にぜひ行きたい滋賀の観光スポットのひとつでもあります。

3694_ミホミュージアム.jpg

そんなミホミュージアムで行われている「猿楽と面(おもて)」という春季特別展に行ってきました!

IMG_20180309_104841.jpgのサムネイル画像今回の特別展では、平安時代後期、鎌倉時代の古面から室町・安土桃山時代の350面(うち重要文化財80面)の「面(おもて)」が一挙に集まっているんです。

中学の教科書に出てくる、あの有名な「般若」の面も見られますよ!

IMG_20180309_120849.jpg

今では「芸能」といえばアイドル歌手や女優さんを思い浮かべるかもしれませんが、こうした面が活躍した時代には「芸能」は神様へ感謝の意味をお伝えする「神事」のひとつでした。

能面というと無表情という代名詞が使われることが多いですが、その常識を覆すほど表情豊かな面があり、日本の古典文化をあらためて学ぶ良い機会になりました♡

IMG_20180309_114123.jpg

もうすぐ桜が見ごろを迎えますね。ぜひお花見がてら、ミホミュージアムで日本の伝統文化にも触れてみてくださいね♪

「猿楽と面~大和・近江および白山の周辺から~」

▼開催期間:3月10日から6月3日まで、10時~17時(入館は16時まで)
▼入館料:大人1,100円、高校生・大学生800円、小・中学生300円
詳細はウェブサイトでご確認ください:http://www.miho.or.jp/exhibition/sarugaku/



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

00_180308reis-min.jpg

今年は野菜や果物の価格がとっても高騰していましたが、皆さんしっかりお野菜とれていますか!
美味しいものには目がない私ですが、一応2児の母なので子供には安心・安全な食材を食べさせたいと思っていて、食材はいつもスーパーでは買わず、JAおうみ富士さん直営の「おうみんち」で買うことにしています。

01-300_180308reis-min.jpg

私が20年住んでいたイギリスでは、週末になると農家さんが自分のところで採れた野菜を持ち寄って販売する"マーケット"があちこちで開かれるんですが、「おうみんち」はそれを思い出させてくれるほどの規模なんです。

02_180308reis-min.jpg

広〜い敷地内を歩いていると、新鮮野菜の直売所のそばに、ふとこんな看板を発見!!
なになに・・・ランチバイキングとな?!

そうなんです!ここ「おうみんち」には、地域の食材をふんだんに使ったリーズナブルなバイキングレストランもあるんです!!
しかも!デザートに季節のジェラートも付いてくる!!なんてもう、いっとくしかない!!

03_180308reis-min.jpg

種類もいっぱいあっておいしそ〜❤︎

04_180308reis-min.jpg

デザートはさておき、まずはバイキングで腹ごしらえ。
ご飯はもちろん近江米!地元野菜もたっぷりあってとってもヘルシー♫♪
ぜ〜んぶ滋賀の食材で、地元のお母さんたちが毎日作ってくれる「おふくろの味」なんです!
メニューは日替わりで毎日約80品。90分間は食べ放題・・・って、とっても食べきれなーい!!

コーヒーやお茶、ジュースなどのドリンクも含まれているので、ゆっくりと食事が楽しめます。

05-300_180308reis-min.jpg

のどかな景色をみながらゆっくり食事を楽しんだ後は、ジェラートコーナーへGO!
今日のジェラートは、守山のイチゴを使ったストロベリーと、ゆずのジェラートがおすすめ!ということで、私はイチゴのジェラートをチョイス。
甘さも控えめで、新鮮なイチゴの味がよく活かされていました。よく見るとイチゴのつぶつぶもそのまま入っています。これぞ地産地消!これなら子どもにも安心して食べさせられます!!

06_180308reis-min.png

ちなみに隣接のハウス内でいちご狩りもできちゃいます❤︎
"お野菜の直売所"・・・とはいえ、いやいや一日中家族で楽しめる立派なレジャースポットですね〜
皆さんもご家族そろってぜひ!行ってみてくださいね〜❤︎

JAおうみ冨士 ファーマーズ・マーケット おうみんち

▼営業時間:9時~17時
・バイキングレストラン:11時~15時(受付は13時40分頃まで)
▼定休日:第2水曜日(1、5~8月を除く)、年末年始
・バイキングレストラン:水曜日



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

00-min_180219sawa.jpg

"滋賀の盆梅展"といえば、歴史も規模も日本一の長浜盆梅展が有名ですが、実は米原市でも開催されているのをご存知ですか!?
グリーンパーク山東で行われている『鴨の里「盆梅展」』、今年で第36回目のこの盆梅展を覗いてきました!

01-min_180219sawa.jpg

広い会場には大振りの盆梅が所狭しと並べられていて、なかなか壮観です。会場には梅の花の香りがそこはかとなく漂っていて、ちょっと春気分です。

02-min_180219sawa.jpg

この盆梅展、実はもう一つ『幸福を呼ぶ「おもと展」』とカップリングで開催されているんです。
「おもと(万年青)」は、日本の観葉植物で、神武天皇や徳川家康にもゆかりのある縁起物の植物とのこと。その字が表すとおり、とても生命力の強い植物なんですって。恥ずかしながら、私はまったく知りませんでした・・・
会場には、健やかな葉振りのおもと鉢がたくさん並んでいます。この場にいるだけで運気が上がるかも!!

end-300w-min_180219sawa.jpg

鴨の里「盆梅展」と幸福を呼ぶ「おもと展」は3月11日(日)まで。
地元の特産品の販売も!ぜひお出かけください!!

鴨の里「盆梅展」と幸福を呼ぶ「おもと展」

虹色フォトコンテスト2018・冬 開催中!!

滋賀県内のお出かけショットをぜひ投稿してください!
県内各地から豪華賞品も満載!!スマホからも OK!!
投稿は2/25(日)までOK!!



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

00-min_180214HRWK.jpg

滋賀県中南部は蒲生郡、日野町を基点に、日本中で活躍した日野商人(近江商人)の本宅のひとつ、山中正吉邸が「近江商人ふるさと館」として整備されています。毎年恒例の「日野ひなまつり紀行」の開催を前に、ちょっと訪ねてきました。

01-min_180214HRWK.jpg

かつての豪邸らしい、どっしりした面がまえ。敷地面積は2,000㎡の大邸宅で、昭和のはじめごろに今の形になったとか。

011-300W-min_180214HRWK.jpg

平面図をみてもその大きさがうかがえます。

100-改行用.jpg

02-min_180214HRWK.jpg

この山中家は、本宅を日野におき、静岡県で造り酒屋を営んで材をなしたとのこと。主人は静岡で単身赴任、本宅は家族と使用人が住み、優秀な使用人を静岡へ送る、ということだったそうです。静岡のビジネスはすでに他へ譲られたそうですが、当時の「高砂」ブランドは今でも健在とのこと。

03-min_180214HRWK.jpg

広い畳の間、多くのかまどの並ぶ台所など、その規模の大きさにビックリです。商家の本宅らしく、見るからに重厚な造り付けの金庫も残されていました。

04-min_180214HRWK.jpg

興味津々であちこちキョロキョロしていてちょっと気になったのが、柱や鴨居に使われているこんなコウモリ形の釘隠し。
コウモリは「蝙蝠」と書きますが、この「蝠」が「福」に通じることから、中国由来の縁起の良い動物として、こんなところにも使われていたようです。そこはやはり商売人、縁起担ぎは大事だったんですね〜

05-min_180214HRWK.jpg

さらに興味深かったのが、まるで映画のセットのような重厚感あふれる応接間。
あのヴォーリズ建築のデザインで、すこぶるゴージャス!!暖炉も見えます。
当主はビジネスだけでなく、政治活動もされていたとのこと。豪商のステータスあふれるこの間で、さぞかし話も進んだことでしょうね〜

06-min_180214HRWK.jpg

そしてこの時代にはとても珍しかったであろう洋式のモダンな浴室。窓にはステンドグラスが入り、なんと!シャワーも完備。
時代の最先端すぎて、逆にどんな心地だったんだろ・・・なんて考えてしまいました ^^;

07-min_180214HRWK.jpg

さてこの2月11日から、「日野ひなまつり紀行」が始まっています。こちらの山中邸はじめ、日野町のまちなみ一帯で、150基ものひな飾りを見ることができます。
滋賀県各地で同時期開催の「びわ湖のひな人形めぐり」のひとつとして、3月11日まで開催されます。
★開催期間は会場によって違います!↓↓↓ くわしくはこちら

2018 びわ湖のひな人形めぐり

08-300W-min_180214HRWK.jpg

山中邸では日野伝統料理のランチを楽しむこともできます!
普段は予約制ですが期間中の土日は予約なしで「ひなまつり御膳」1,500円がいただけます。(数量限定!予約も可)
日野のまちなみとひな人形、そして伝統の味をひとしきり楽しんでみませんかー♫♪

↓↓↓ くわしくはこちら
食体験レストラン日野ひなまつり紀行の営業について

100-改行用.jpg

〈虹色フォトコンテスト2018・冬 開催中!!〉

滋賀県内のお出かけショットをぜひ投稿してください!
県内各地から豪華賞品も満載!!スマホからも OK!!



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ