syokuh01-min.png

「'17食博覧会・大阪」が今日4月28日、インテックス大阪で開幕。5月7日まで大型連休の間、日本中の食と祭りが熱く展開されます。
もちろん滋賀県からも出展!!

酒造組合さん、水産加工業組合さんの協力をいただいて「地酒」と「湖魚」を出品、即売もしています。さっそくオープニングをのぞいてきました!

syokuh02-min.png

syokuh03-min.png

もうすっかり"五月晴れ!?"の青空のもと、賑やかにオープニングセレモニーが始まりました。滋賀県の三日月知事も出席。秋田の竿燈祭りが花を添えていました。

4年に1度開かれるこの食の祭典は、今年で9回目。インテックス大阪の広大な空間は300社を超える出展で、食と祭り、そしてとってもイイ❤︎においであふれていました♫

syokuh04-min.png

syokuh05-min.png

世界文化遺産に認定された「和食」を伝えるテーマ展示も。まさに芸術ともいえる美しさと技術に魅了されました。

滋賀県ブースは、エントランスを抜けた右、2号館「味くらべ館」を入ってすぐ右です。

syokuh06-min.png

滋賀の"水の恵み"を代表して、近江の地酒と湖魚が登場。お酒は三十三銘柄どれでもー杯200円。湖魚はコアユも鮒寿しも各種500円。中でも揚げたての小鮎300円が大人気!!

syokuh07.png

全国からフードメーカー、飲食店はじめ屋台まで、さまざまなグルメがそろう一大"食"イベント。
家族揃って楽しめる大型連休の「おいしい」お出かけプランにぜひ!
あっ、滋賀県ブースにもぜひお立ち寄りくださいネッ❤︎

'17 食博覧会・大阪



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

00midr0330.png

総本山三井寺さん、待ちに待った春のライトアップがいよいよ始まりました!
で、またまた皆さんより一足早く、事前公開へお邪魔してきました〜

01midr0330.png

まだまだ明るい時間に到着。すでに横断幕も掲げられていて、少しづつワクワク〜

02midr0330.png

こちら仁王門前のつぼみたち。少し膨らんではいるようですが、まだ固そうだなぁ・・・

03midr0330.png

三井寺(正式には園城寺(おんじょうじ))は、「日本遺産 滋賀」の認定構成文化財に指定されているんです!詳しくは後ほど・・・♫ あっ!新しいサイネージも!キレイ❤︎

05midr0330.png

まだまだ明るい宵の口ですが、執事さんと語らいながらでゆっくり境内へ。例年は4月二週目に入る頃が見頃だとか・・・。今年だとちょうど週末!これまた楽しみ!
今年は西国三十三所草創1300年、またライトアップも30年目ということで、さまざまな企画がされています。

061mider0330.png

こちら「観音堂諸尊 特別参拝」。普段は非公開の秘仏が特別に拝せます。
↖︎秘仏 愛染明王像(重文)
↗︎観音堂本尊 御前立 ※いずれも園城寺ホームページより
またこの観音堂や国宝の金堂では、江州音頭や和太鼓にフラメンコなど、伝統芸能の奉納も行われます。こちらも詳しくは後ほど!

071midr0330.png

参道をまっすぐ進むと石段の向こうには、どっしりと威厳に満ちた国宝金堂が。こちらのつぼみたちもまだまだ"おねむ〜"なようです。

0884midr0330.png

さて!今年のライトアップ、目玉の一つ!!三井寺の祖、智証大師が建立され、入滅後の住まいとなった聖域「唐院」前では、光のアート「TO-IN」が。4色の光と音楽が厳かに幻想的な世界を魅せてくれます。(まだまだ明るいけど ^^;)

091midr0330.png

暗くなるのを心待ちにしつつ、秘仏が公開される観音堂へ。辺りは次第に暗くなり始めて、だんだん趣きが出てきました!今年は昨年より100灯ほど多い約700灯の灯りが境内をほんのりと照らし出しています。

100midr0330.png

観音堂に着くころにはすっかり陽も落ちて、ちょうど観月舞台の前からは、まさに!お月さまがこちらを伺っておられました。

110midr0330.png

再び「TO-IN」前へ。いや〜やっぱり暗くなるとまったく迫力が違いますねー!しばし見入ってしまう美しさです!

ssmidr0330.png

こちら2倍速!まったりとひたっていたい方は、ぜひぜひ!三井寺までお運びくださーい!!

121mider0330.png

三井寺の境内は約35万坪。国宝金堂はじめ、重要建造物もたくさんあって、春はさくら、秋は紅葉が照らし出されるこの別世界は、ホントに見応えがあります。

140midr0330.png

新登場!「三井寺さくらクッキー」をおみやにいただきました。三井寺の桜を使って焼き上げた、とってもさっくり、ほんのり香るさくらの爽やかさがとっても美味しいです!境内のショップでこちらもぜひ!!

"春はさくら、桜の三井寺" ライトアップ 2017
特別参拝やイベント情報も!

日本遺産 滋賀 "水と祈りの文化" 三井寺(園城寺)

三井寺PRキャラクター/広報僧べんべんフェイスブックページ
べんべんが桜の最新情報を知らせてくれます!

130midr0330.png



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

wgrs01.png

日本有数の江戸ガラスコレクション180点が公開されているMIHO MUSEUMの春季特別展「和ガラスの美を求めて 〜瓶泥舎コレクション〜」。公開に先駆けて内覧会にお邪魔してきました!

wgrs02.png

3月下旬、とはいうものの、信楽はまだまだ寒い・・・自慢のしだれ桜もまだまだツボミです。

wgrs03.png

さて!和ガラスの特別展示へ。北館入って右手へ進んでくださいね!

wgrs04.png

まずは第1章「江戸の暮らしにタイムスリップ」、身近な小物の展示から。櫛に小物入れに、鳥篭・・・って、え!??こんなものまでガラスで作ってあるの!?

小物入れは、ガラスでできたビーズ。鳥篭は細いガラス棒がはめ込まれています。う~ん、なんと繊細なこと・・・

wgrs05.png

続いて「日本好みのシンプルと装飾」の章。こちらはギヤマン彫りの台付杯です。透明感のある淡い色使いがとってもステキ❤︎

横から見ても楽しめるんですが、上から見てもガラスに彫られている絵が浮き出て見え、描かれている壮大な世界を楽しむことができます。
こんなグラスで呑めたら、さぞ!さぞ!おいしんでしょうね〜♫

wgrs06.png

なんと!屏風までガラス!!太陽の光がガラスビーズに反射し、部屋中を柔らかい光で包んでくれるそうです。こんな屏風越しにお庭を愛でるって、なんとも趣き深いこと。夏は花火の光も、ガラスに反射してキラキラと輝いて見えたそうですよ♫ 私たちが忘れがちな、当時の人々が楽しんだ、ふだん使いの心の豊かさに思いを馳せたひとときでした。

次の章は「和ガラスの色」。そもそも薄い黄色や緑色を帯びた和ガラスの生地、そこに先達の知恵と努力がこんなにも艶やかな彩りを吹き込んだとのこと。

wgrs07.jpg

こちらは、とってもキレイなターコイズブルーの瓢箪飾りが付いた匂袋。普段は、懐にしまって見せないものですが、そんなところにもさりげなくお洒落に気を遣うって、いなせなお江戸の人達ってなんてステキなのっ!!

wgrs08.png

和ガラスが展示されているショーケースの全体を眺めると、背景にさりげない意匠が施されていることに気がつきます。「唐紙師トトアキヒコ」さんが、この展覧会のために手掛けられたとのこと。シンプルでとっても可愛らしい背景にも注目です!

さてさて、ミュージアム内のレストラン「Peach Valley」では、お花見弁当の販売も始まりました!農薬、化学肥料を使わない秀明自然食材を使用した、特製のお花見弁当です❤︎ お弁当はお持ち帰り専用で、箱や器もそのままいただけちゃいます♫ ※コチラは予約が必要です

wgrs09.png

・・・と、レポートはココまで!

西洋のガラスを元に、日本独自の展開を魅せた和ガラス。その繊細で艶やかな魅惑の世界に息づいた江戸の粋に、アナタもしばしひたってみませんか〜❤︎
「和ガラスの美を求めて 〜瓶泥舎コレクション〜」は6月18日(日)まで。
MIHO MUSEUM開館20周年の特別企画第一弾「古代オリエント美術の愉しみ―エジプトから中国まで―」も同時開催中!

まずはこの4月、待ちに待ったお花見も兼ねて、ぜひお出かけください! あの!桜色のトンネルが皆さんを出迎えてくれますヨ❤︎❤︎❤︎

滋賀県の桜開花情報はコチラで〜す!!



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

ガチャコンで巡る滋賀の旅~♪

DSC09671.JPG

今回で第9回目になりました留学生Trip!今回はガチャコンでおなじみ近江鉄道で巡る滋賀の旅!

すこ~し早起きして、ガチャコンガチャコン揺られて滋賀の見どころへ行ってきましたよー!

DSC09676.JPG

いつも利用しているJR線とはまた違った雰囲気でのんびり旅をしているような気持ちで、とても心地のいい時間でした。

DSC09668.JPG

あたりはすこ~し春の雰囲気。ポカポカ暖かい気候でお花が咲きはじめてました。

DSC09597.JPG

まず近江鉄道に乗って最初に向かったのは・・・水口城南駅から徒歩10分ほどのところにある「鹿深いちご園」!

こちらは滋賀県最大級のいちご園で、3万株ものいちごが45分間食べ放題という形でいちご狩り体験ができるのです。

blog.jpg

ハウスの中に入ると甘~いいちごの香りが♡真っ赤に色づいた美味しそうないちごがたくさん♡

45分間で私たちはいくつ食べられるか予想しながら、なるべく多くのいちごを食べようと頑張りました。

blog1.jpg

小さなものから大きなものまで!色も様々な中、どれもおいしそうなので、特に真っ赤で甘そうないちごを選びながらいただきました。いちごはとっても甘くってジューシー♡

blog2.jpg

こちらでは練乳とチョコレートソースが無料なので、色々な味を楽しみながら食べました♪お腹はいっぱいですが、美味しくって止まりません。。。2人で60個くらい食べました~(笑)

blog3.jpg

お腹いっぱいになったところで次の目的地 "五個荘"へ。もちろん五個荘に来るのも初めて!電車に自転車を持ち込んでもOKなんですね~!

blog4.jpg

駅から歩いて向かったのは近江商人屋敷 藤井彦四郎邸!日本の立派な屋敷かと思えば中にはヨーロッパを思わせる洋室もあり、藤井彦四郎さんは当時ものすごくすごい人だったんだな~とお感じながら見学させていただきました。この日はちょうど結婚式が行われていたそうで、たくさんの方がいらっしゃってました。

blog5.jpg

一番気に入ったのはこちらの豪華な庭園で、静かで平和な空間がとても心地よく良かったです。

この池はびわ湖をモチーフにして作られたそうで、庭園を1周しながら滋賀の色々な場所を思い浮かべました。

きっと家主もそんなことを想いながら庭園を歩いたんだろうな~。

blog6.jpg

そうして五個荘の商人屋敷を巡りながら、"めんめん たなか"という、うどん屋でランチタイム♪

古い日本家屋のお店はとても雰囲気がありました。私たちは野菜天ぷらそばとうどんセットを注文。

セットについているエビ豆は琵琶湖で採れるエビで作られているんですね。初めて食べましたが、とても美味しくて二人とも気に入りました♡

blog7.jpg

そして食事を済ませ、もう1度近江鉄道で最後の目的地へ。最後の目的地はアニメの聖地でも知られる豊郷です。

blog8.jpg

豊郷駅から10分ほど歩いて到着したのは、アニメK-ON!(けいおん!)のモデルになったとも言われている豊郷小学校旧校舎群。

blog9.jpg

こちらは20世紀前半に滋賀の有名な建築家であった、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏によって設計された建物だそうです。

blog10.jpg

館内はガイドの方が英語で説明をしてくださいました。学校の内部は色々な設備があり、現代とはまた違った建築や構造で、見ていてとても面白かったです。

blog11.jpg

学校の中で1番気に入った部分は階段に作られたイソップ物語のウサギと亀のモニュメントです。

こちらはコツコツと努力すると必ず成果は出るというメッセージを伝えるものだそうです。

blog12.jpg

学校内にはアニメファンから贈られたグッズや寄せ書きなどがぎっしり!寄せ書きの中には英語、中国語、韓国語での訪問記録も。

やはり日本のアニメは世界各国で人気があるんですね。

そうしてガイドをしてもらいながら1時間ほどの見学ツアーを終えました。

DSC09609.JPG

以上!ガチャコンで巡る滋賀の旅のレポ―トでした!

滋賀県はまだまだ知らない歴史深いみどころがたくさんありますが、今回初めて甲賀市や東近江市、豊郷町に来ましたが、こんな場所があったんだ!と新たな発見がたくさんありました。ぜひ多くの人に足を運んでもらい、滋賀のいいところが広く知れ渡ればいいなと思いました。

楽しい1日をありがとうございました(^^)♪

We Love SHIGA BIWAKO

[Facebook]We Love Shiga Biwako

いよいよスタート!!国宝 ★ 彦根城築城410年祭

0hknj0318.png

3月18日、全国で5つしかない国宝の天守閣をもつ彦根城の築城410年祭がいよいよスタート!ようやくの春を予感させる柔らかな陽差しのもと、彦根城博物館の能舞台で行われた開幕式典にお邪魔してきました!

1hknj0318.png

大河ドラマで人気の「おんな城主・直虎」が育てた井伊直政が、関ケ原の戦いの功で彦根に18万石を与えられて入国、彦根城を築城したのは二代直継の時代でした。彦根城への入口表門橋では、赤備えの武将隊がお出迎え。410年祭のサインが雰囲気を盛り上げています。

2hknj0318.png

ちょうど10年前、築城400年祭のときに生まれたのが、ご存知ひこにゃん。
式典では、彦根お城大使のお二人とともに、直虎ゆかりの浜松から応援に駆けつけてくれた次郎法師(直虎)と家康くんも参加して、元気一杯開会宣言です!

3hknj0318.png

天守閣前には、ひこにゃんはじめ、初代藩主井伊直政、幕末の大老井伊直弼はじめ、キャラクターたちが勢ぞろい。お城では毎日ひこにゃんに出会えます!
ひこにゃんの登場時間はコチラ

4hknj0318.png

表門橋の向いにある馬屋前では、彦根ええもん物産館もオープン!彦根のええもん、うまいもんはじめ、ひこにゃんグッズも勢ぞろい!

5hknj0318.png

同じ並びの開国記念館では、「大河ドラマに見る井伊家」、天守の奥、西の丸三重櫓では、「VRによる城下町彦根シアター」など、このさい見ておきたいワクワクアトラクションも目白押し!
国宝・彦根城築城410年祭は12月10日までのロングラン開催!この機会にぜひ彦根へ遊びに来てください!

国宝・彦根城築城410年祭

彦根城


滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

旧竹林院でおひなさま♫ 〜坂本ひな人形展 vol.1

tkrn01.png

大津・坂本の人気観光スポット3カ所で2月15日から始まった「坂本ひな人形展」。中でもお気に入りの旧竹林院の会場へお邪魔してきました♫

tkrn02.png

主屋に上がると新旧きらびやかなおひなさまがずら〜り!なんとも華やかにお出迎えいただきました。

tkrn03.png

こちらは2階。おひなさまはもちろんですが、美しい細工が施されたお道具もとてもキレイな状態で保存されていて、代々おひなさまへ託されてきた子を思う慈しみの深さに、気がつけば私もすっかり癒されておりました。^^;

tkrn04.png

たくさんの美男美女にしばしうっとり。中には手のひらサイズのとってもキュートなおひなさまもおられて、そのかわゆさと細工の細かさに感心しきり。

tkrn05.png

tkrn06.png

うんしょ、うんしょ・・・。なんだか健気なこちらもお気に入りっ♥

tkrn07.png

tkrn08.png

旧竹林院といえば、八王子山を借景に四季折々の風情が美しい国指定名勝庭園で知られるところ。
おひなさまに堪能したら、苔むしたお庭をのんびり散策することもできます。凛とした空気のもと、とてもゆっくりとした時間を過ごすことができました♥

tkrn09.png

そして最後のお楽しみはコチラ!お庭を眺めながら、これまた至福の一服♥(一服:400円)

坂本ひな人形展は旧竹林院のほか、西教寺、公人屋敷で3月3日まで開催中!

旧竹林院はコチラ



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

DSC05116.JPG

今回で8回目となりました留学生Trip!JCMUのモリ―とケイトがレポートする今回の旅先は長浜です。

ガラスの街と言われる長浜でガラス作り体験と、今開催中の盆梅展に行ってきました♪

blog.jpg

黒壁ガラス館から徒歩1分ほどで到着する体験教室!今回は吹きガラス体験とサンドブラスト体験をさせていただきました。

DSC04921.JPG

まずどんな色のガラスにしたいのか、模様はどうしたいのか、お皿にするのかコップにするのかを選び、インストラクターの方から説明を受けました。外国語表記の説明も用意されてたので、非常にわかりやすかったです!

DSC04928.JPG

私たちはマーブルのコップを作ることにしました♪

DSC04949.JPG

ではエプロンを着て軍手をつけて準備をします!

blog123.jpg

一人ずつインストラクターの方が丁寧に説明してくれました。

blog22.jpg

とても熱いガラスを扱うのは初めてだったので、最初は少し怖かったですが、細かく指導してもらえたので、思い通りのコップを作ることができました。

DSC05045.JPG

完成しました~!コップは少し冷ましてから、郵送で送ってくれます!使うのが楽しみです♡

blog333.jpg

次はサンドブラスト体験をさせていただきました♪ サンドブラストとは切り抜いたステッカーをコップに貼り付けて砂をふりかけることで模様をつける技法のこと。

まず、どの形のコップにするか選んで、何の模様にするか考えながらステッカーを切り抜いていきます。絵を描くのが苦手な人には見本の台紙や,すでに模様に切り抜いたステッカーが用意されているので大丈夫!

DSC05070.JPG

私たちはバラやびわ湖の絵を切り抜いたデザインにしました~♪これからこのコップに砂をふりかけます。

DSC05075.JPG

スタッフの方が作業をしてくれます。これはすぐ出来上がるので、その場で持って帰れるんですって!

blog444.jpg

じゃ~ん!!すぐ出来上がりました♪滋賀の文字やびわ湖を入れたので、とてもいい思い出になりそうです!アメリカに戻っても、滋賀県を思い出すだろうな~❤

nghm15.jpg

体験のあとは郷土料理でランチです。長浜で有名な「茂美志や」の、のっぺいうどんを食べに来ました!

nghm16.jpg

のっぺいうどんは和風だしのあんかけうどんに大きなシイタケがのったうどんです。特に今の時期にぴったりの料理で、しょうがも入っているので、体が温まりました。

DSC05112.JPG

そのあとは少し長浜の街を散策しました。ここは長浜御坊表参道で、飲食店や洋服店、お土産物が並んでいます。

DSC05114.JPG

そのまま御坊表参道を進むと大通寺があり、中を少し見学しましたが、数日前に降った雪がまだ残っていました。日本の建築物の美しさを見る事ができました。

DSC05230.JPG

また黒壁ガラス館やお土産店AMISUにも立ち寄りました♪

nghm6.jpg

かわいいガラス製品や工芸品がたくさん売られてました。食べ物のお土産物が販売されているAMISUでは滋賀県の日本酒も販売されていて、試飲もさせてもらいました。日本酒初体験!!

DSC05235.JPG

その次に向かったのは慶雲館。今回は慶雲館の2階で梅酒作り体験のイベントが開催されるということで、参加してきました。

nghm23.jpg

12種類の様々な梅酒を試飲し、自分の好きな味の梅酒を作っていきます。梅にもこんなに種類と違いがあるなんて知らなかったです。

梅酒ソムリエの先生からのお話しは全て日本語だったので、理解するのが難しかったですが、説明を聞きながら梅酒を作っていきました。日本の人は家で梅酒を作るひとも多いと聞いて、驚きました。梅酒も初めて飲みましたが、飲みやすくて気に入りました。

DSC05222.JPG

数か月熟成させると飲み頃になるようです。それまでは氷砂糖が溶けるまでは毎日ビンを振って砂糖を溶かし、梅のエキスを出さなければいけません。手間がかかりますが、出来上がりが楽しみです。

blog555.jpg

梅酒作りの後は盆梅展を見てきました。実は2回目の盆梅展だったのですが、夜の時間帯に来るのは初めてだったので、昼とは違う雰囲気がとても美しかったです。

nghm11.jpg

お茶席もあり、抹茶をいただきながら少し休憩し、夜の素敵な雰囲気を楽しみました。

nghm22.jpg

今回は長浜をとことん楽しむTripでした!長浜にこんなにたくさん見るものや体験するものがあると知らなかったし、初めての体験もたくさんできた1日でした。まだまだ滋賀県については知らないことも多いので、また違う街にも行ってみたいと思います。

imkno1.png

週末、とーってもイイお天気だったので、私のお気に入り「道の駅 妹子の郷」に行ってきました。
こちら、湖西道路和邇インターに一昨年の夏オープンした、地元のええもんがたくさん並ぶご機嫌な道の駅。湖西道路直結の便利さが人気です。

imkno2.png

透き通るような青い空に、澄んだ空気。うっすら雪化粧の比良山系が綺麗に映えて素晴らしい~!
この景色を見られただけでも、わざわざ訪れたかいがありました!

imkno3.png


店内には県内でとれた新鮮な野菜や地酒、特産品がずらっと並んでいます。

imkno4.png

今日の私のお目当てはこちら。県内産のミルクとイチゴを使ったソフトクリーム♥(バニラ&あまおう400円)
アイス♥って冬でも食べたくなりますよね~♥♥♥
あっさりとしたクリームにイチゴの甘酸っぱさがマッチして本当においしいんです♪

imkno5.png

そのほかにもいろんな美味しいものをゲーット!

↖︎:比良で作られている天然酵母と近江米を使ったレーズンパン(340円)
↑:地元のお米を使ったポン菓子(150円)
↗︎:県内産のサツマイモを甘く味付けした和菓子(550円)
どれも地元の食材を使ったものばかり!!
滋賀にはまだまだ私の知らない美味しいものがたくさんあるんだなぁ〜と実感しました。
お出かけの際に立ちよることの多い道の駅ですが、わざわざで出掛けてみるのもおススメですよ~☆

滋賀県の観光・レジャースポット情報

道の駅 妹子の郷



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

bwhkk11.png

雪が降ろうと北風が吹こうと寒くない?!ホットな一押しスポットに行ってきました!昨年夏にリニュアルオープンしたビワハクこと琵琶湖博物館です。

bwhkk2.png

あの人気者、バイカルアザラシのバイとメイにも半年ぶりに再会!

bwhkk3.jpg

仲が良くって愛想がよくって、何度も何度も顔を近づけてくれましたッ♥
かわゆ~~~~くて♡♡♡ず〜っと見ていられます♡♡♡

bwhkk4.png

さてこちらはビワハクの前、烏丸半島ロータリーにたたずむカフェ・イントロ。去年の夏オープンした、とってもホットなカフェ。山小屋風の素朴な雰囲気で、とっても落ち着きます。
こちらでは、びわ湖のスジエビを生地に練り込んだパンを使ったサンドイッチやあったかいドリンクなどなど、こちらもホットなメニューがたくさん並んでいます♫

bwhkk5.png

今日のカフェタイムはこんな感じ ^^;
↑えびパンツナ ¥260
↖︎チョコチップスコーン(ホイップクリームはご希望に沿って)¥278
↓キッズ はむとちいず ¥370
↗︎カフェラテ ¥390

bwhkk6.png

こちらではBBQ用品やテントなどのレジャーグッズのほか、クロスバイクのレンタルもあるとか!ここ烏丸半島からビワイチやグランピングが楽しめそうですね♥ ん〜、暖かい季節が待ち遠しいですぅ♫

sbwhkk1.png

琵琶湖博物館は祭日を除く月曜休館。
真ん丸おめめがたまんなく可愛いバイやメイ、皆さんもぜひ会いにいらしてくださいね♥♥♥

琵琶湖博物館



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ

ksdo1.png
雪見船と並ぶ冬の琵琶湖の風物詩「汽船deおでん」が今年も出航!!♫♩・・・と、いうことでさっそく乗り込んできました!

ksdo2.png

今年のおでんは、な、な、なんと!"創作フレンチ"・・・フレンチのおでん?! 聞いたことのない響きに、チョッと戸惑いながら突撃してきました ^^;

ksdo3.png

今夜乗船するのは小柄でスマートな高速艇、ランシング号!
大津港を18:30に出航。びわこ花噴水に見送られて、会場のびわ湖大津館まで約15分のミニクルーズです♫

ksdo4.png

白を基調にしたオシャレな船内♥ 船内ではさっそくホットワインのおもてなし♫ これがチョーやばーッ!!!ふだんあんまりワインはいただきませんが、このあったかいヤツ♥ホントに美味しくて思わずおかわり〜 ^^;

ksdo5.png

ほんのり頬染めて、船窓から花噴水にカンパ〜イとか、オッシャレー♫(これ合成じゃないですヨ〜)

ksdo6.png

大津の夜景にうっとり見とれていたらアッという間に到着!びわ湖大津館が目の前の柳が崎湖畔公園港。おでんのぼりのお出迎えです。どんな創作フレンチなのか!・・・楽しみだなぁ・・(じゅるり

ksdo7.png

ライトアップされたびわ湖大津館のなんとも落ち着いた雰囲気が、湖岸の夜景に一味違った彩りを添えています。おでん会場は、ひときわ明るく照らし出された1F、ベルギーの港町をイメージしたフレンチレストラン「ベル ヴァン ブルージュ」。普段は、びわ湖が一望できる明るい店内から創作フレンチが楽しめる人気のお店です。

ksdo8.png

さぁて、お待ちかね!こちらが"創作フレンチおでん"!!見慣れたおでん鍋の傍らには、何やらオッシャレ〜な真っ白なプレートがぁ♥♥♥

ksdo9.png

それではラインナップをご紹介〜♫
↖︎ アツアツおでん鍋
↗︎ 仔牛スネ肉の煮込み 西京みそ風味(お肉柔らか~い♥)
↙︎ トリュフ風味の洋風茶碗蒸し なめ茸あん(ほんのり甘くてプリンみたい♥)
↘︎ コンソメで煮込んだ大根 フォアグラテリーヌとキノコのクリーム(大根の上に、な、なんとフォアグラがぁぁぁ!!濃厚キノコクリームと相性バッチリ♥)

で、焼きおにぎりはと・・・、

ksdo10.png

なんと!!おでん鍋を食べた後のおだしに、たっぷりの粉チーズを入れてリゾット風にしちゃいまーす!!和風だしがほんのり香るリゾット、これ!マジでうんまうまっ♥

ksdo11.png

実は昨年までの「汽船deおでん」は、"ザ・屋台"的な純和風スタイルで行われていたんです。が、会場がフレンチ!というシュチエーションもあって、今年は"フレンチおでん"にチャレンジされたとのこと、スタッフが皆さんから感想を聞かれていました。
日本式の和風おでんはもちろん大好き!ですが、びわ湖大津館ならではの創作おでん、ホントに美味しくて大正解!!だと思います♥ 見事な創作おでんに大満足!ぜひぜひ!!たくさんの皆さんに味わっていただきたいです!!

ksdo12.png

新しい発見!のフレンチおでんと、楽しいおシャベリをたっぷり楽しんで1時間あまり、帰りもランシング号が大津港まで送り届けてくれます。真冬の琵琶湖の澄んだ夜空に、このうえない大津港の夜景がゴージャスに出迎えてくれました。
なんとも贅沢でロマンチック、そしてとっても美味しいこの時間。この冬琵琶湖の「汽船deおでん」で、大切な方とゆっくりお楽しみください♥

「汽船deおでん」は3月12日(日)までの木・金・土・日に開催です! ※2/23(木)は運休

[要予約]汽船deおでん〜創作フレンチ

大津港(観光船のりば)

びわ湖大津館(柳が崎湖畔公園)

光の庭のRose Fantasy



滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ