法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 勝楽寺城跡

勝楽寺城跡 しょうらくじじょうせき

最終更新日: 2015年6月25日

基本情報

 高築豊後守(たかつきぶんごのかみ)が、本堂山の天嶮な地形を利用して築いた山城で、戦闘時のみ使用されました。近世の城に多く見られるような鉄砲よけの櫓・周囲の堀・高い石垣・天守閣などは作られず、規模としてはそれほど大きくありません。現在は、石垣や礎石などが原形に近い状態で残っており、城跡を知る貴重な資料となっています。そのほか勝楽寺の境内から所要時間約2時間のハイキングコースが整備されており、途中に狂言「釣狐(つりぎつね)」の発祥地とされる狐塚をはじめ、処刑場跡や上臈落としや勝楽寺城跡をまわり、気軽にハイキングを楽しむことができます。

所在地 甲良町正楽寺4
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 「河瀬駅」 下車 車 15分
名神高速道路彦根ICから車で10分
駐車場
普通車 10 台
お問い合わせ

勝楽寺

TEL:0749-38-2041

観光・レジャー

 高築豊後守(たかつきぶんごのかみ)が、本堂山の天嶮な地形を利用して築いた山城で、戦闘時のみ使用されました。近世の城に多く見られるような鉄砲よけの櫓・周囲の堀・高い石垣・天守閣などは作られず、規模としてはそれほど大きくありません。現在は、石垣や礎石などが原形に近い状態で残っており、城跡を知る貴重な資料となっています。そのほか勝楽寺の境内から所要時間約2時間のハイキングコースが整備されており、途中に狂言「釣狐(つりぎつね)」の発祥地とされる狐塚をはじめ、処刑場跡や上臈落としや勝楽寺城跡をまわり、気軽にハイキングを楽しむことができます。

noimage
お問い合わせ

勝楽寺

TEL:0749-38-2041