三雲城址

みくもじょうし

更新日
2015/06/26

    室町時代後期、三雲典膳が築城したと伝えられる典型的な山城跡。麓を野洲川が流れている。戦国時代、落城し、廃城となった。枡形の虎口の遺構もしっかりした形で残っている。

    城内の一角には八丈岩があり、眼下に野洲川と対岸の竜王方面の眺望が楽しめる。

    お問い合わせ

    (一社)湖南市観光協会

    TEL
    0748-71-2157
    FAX
    0748-72-9622
    E-mail
    メールアドレスを表示
    エリア
    カテゴリ