法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 長浜鉄道スクエア

長浜鉄道スクエア ながはまてつどうすくえあ

最終更新日: 2017年12月18日

基本情報

 長浜鉄道スクエアは、「旧長浜駅舎」、「長浜鉄道文化館」、「北陸線電化記念館」の3施設からなる鉄道資料館です。

<旧長浜駅舎>
 1882年(明治15年)に北陸線の始発駅として建設された初代の長浜駅。現存する駅舎としては日本最古のもので、第1回の鉄道記念物に指定されています。施設内は、駅長室や待合室など、当時の面影をそのまま残しています。また、敷地内には、旧北陸本線のトンネルに掲げられていた扁額(石額)や旧長浜駅29号分岐器ポイント部などの明治の鉄道遺産も展示しています。

<長浜鉄道文化館>
 2000年(平成12年)10月14日の「鉄道の日」に、旧長浜駅舎に隣接して開館。長浜の鉄道史を紹介するほか、琵琶湖水運に関する資料、北陸線を走った鉄道の模型車両などを展示しています。

<北陸線電化記念館>
 北陸線で活躍した歴史的車両「ED70形1号機交流電気機関車」と「D51形793号機蒸気機関車」を展示しています。また、交流電化と直流電化の違い、全国の交流電車などについてパネルなどでわかりやすく展示しています。

所在地 長浜市北船町1-41
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 「長浜駅」 下車 徒歩 3分
料金 大人300円、小・中学生150円
(20名以上は2割引)
営業時間 9:30から17:00(入場は16:30まで)
定休日など 年末年始(12/29から1/3)
ホームページ 長浜鉄道スクエア
お問い合わせ

公益社団法人 長浜観光協会

TEL:0749-65-6521

FAX:0749-64-0396

E-mail:[javascript protected email address]

観光・レジャー

 鉄道スクエアは、現存する日本最古の駅舎「旧長浜駅舎」と「長浜鉄道文化館」、「北陸線電化記念館」の3施設からなる鉄道資料館です。

<旧長浜駅舎>
 1882年(明治15年)に北陸線の始発駅として建設された初代の長浜駅。現存する駅舎としては日本最古のもので、第1回の鉄道記念物に指定されています。施設内は、駅長室や待合室など、当時の面影をそのまま残しています。

<長浜鉄道文化館>
 2000年(平成12年)10月14日の「鉄道の日」に旧長浜駅舎に隣接して開館。長浜の鉄道史を紹介するほか、琵琶湖水運に関する資料、北陸線を走った鉄道の模型車両などを展示しています。館内上部には日本最長66mの鉄道模型レールが敷かれ、SLや特急などの模型が走ります。

<北陸線電化記念館>
 北陸線で活躍した歴史的車両「ED70形1号機交流電気機関車」と
「D51形793号機蒸気機関車」を展示しています。また、交流電化と直流電化の違い、全国の交流電車などについてパネルなどで分かりやすく展示しています。

お問い合わせ

公益社団法人 長浜観光協会

TEL:0749-65-6521

FAX:0749-64-0396

E-mail:[javascript protected email address]