法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 須賀谷温泉

須賀谷温泉 すがたにおんせん

最終更新日: 2015年8月11日

基本情報

小谷山南東麓、谷間の集落にあり、戦国時代には浅井長政(あざいながまさ)をはじめ、夫人のお市(いち)の方や家臣の武将たちが、湯治(とうじ)に訪れたといわれる名湯です。含(がん)ヒドロ炭酸鉄泉(たんさんてっせん)で、貧血、冷え症、胃腸病、神経痛、疲労回復などに効能があります。大正(たいしょう)末期に有名になり、第二次世界大戦の後一時衰退しましたが、再開発されて、湖北観光の拠点として京阪神、中京、東京方面からの湯治客も増えています。
 須賀谷はかつて、浅井氏の平時のための屋敷が建てられていたところであり、また「賤ヶ岳七本槍(しずがたけしちほんやり)」の一人、片桐且元(かたぎりかつもと)の出生地としても知られています。

所在地 長浜市須賀谷町36
アクセス
公共交通機関
JR北陸本線 「河毛駅」 下車 送迎バス 5分 ※要TEL(~17:00/当日もOK)
駐車場
普通車 40 台
大型車 10 台
ホームページ http://www.sugatani.co.jp/
お問い合わせ

須賀谷温泉

TEL:0749-74-2235

FAX:0749-74-0470

E-mail:[javascript protected email address]

観光・レジャー

小谷山南東麓、谷間の集落にあり、戦国時代には浅井長政(あざいながまさ)をはじめ、夫人のお市(いち)の方や家臣の武将たちが、湯治(とうじ)に訪れたといわれる名湯です。含(がん)ヒドロ炭酸鉄泉(たんさんてっせん)で、貧血、冷え症、胃腸病、神経痛、疲労回復などに効能があります。大正(たいしょう)末期に有名になり、第二次世界大戦の後一時衰退しましたが、再開発されて、湖北観光の拠点として京阪神、中京、東京方面からの湯治客も増えています。
 須賀谷はかつて、浅井氏の平時のための屋敷が建てられていたところであり、また「賤ヶ岳七本槍(しずがたけしちほんやり)」の一人、片桐且元(かたぎりかつもと)の出生地としても知られています。

お風呂の名称 須賀谷温泉
泉質 ヒドロ炭酸鉄泉
適応症 アトピー、神経痛、胃弱、リウマチ等
その他 信長の妹・お市も湯治した須賀谷温泉 。小谷城の山麓、戦国武士が傷を癒すために浸かったといわれる温泉です。
源泉は無色透明、空気で酸化されて赤茶色になります。
日帰り入浴
時間
10:00〜21:00
設備
温泉
お問い合わせ

須賀谷温泉

TEL:0749-74-2235

FAX:0749-74-0470

E-mail:[javascript protected email address]

宿泊

小谷山南東麓、谷間の集落にあり、戦国時代には浅井長政(あざいながまさ)をはじめ、夫人のお市(いち)の方や家臣の武将たちが、湯治(とうじ)に訪れたといわれる名湯です。含(がん)ヒドロ炭酸鉄泉(たんさんてっせん)で、貧血、冷え症、胃腸病、神経痛、疲労回復などに効能があります。大正(たいしょう)末期に有名になり、第二次世界大戦の後一時衰退しましたが、再開発されて、湖北観光の拠点として京阪神、中京、東京方面からの湯治客も増えています。
 須賀谷はかつて、浅井氏の平時のための屋敷が建てられていたところであり、また「賤ヶ岳七本槍(しずがたけしちほんやり)」の一人、片桐且元(かたぎりかつもと)の出生地としても知られています。

部屋数/料金
和室
31部屋 / 10,000円〜
お問い合わせ

須賀谷温泉

TEL:0749-74-2235

FAX:0749-74-0470

E-mail:[javascript protected email address]

関連パンフレット