法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 葛川渓谷

葛川渓谷 かつらかわけいこく

最終更新日: 2015年7月8日

基本情報

 安曇川(あどがわ)の上流付近、比良山系(ひらさんけい)の西側にあります。奇岩怪石と四季の自然美に彩られた渓谷で、秘境ムードが漂っています。山肌を流れ落ちる水は、数多くの滝をつくり、その数は500以上もあるといいます。中でも「三(さん)の滝(たき)」は、ひときわ霊気を帯びた荘厳な滝であり、葛川修験(かつらがわしゅげん)の最終修行場としても神聖視されています。夏は、鮎釣り場として人気が高く、期間中(6月末から8月末)には大勢の釣人で賑わいます。鮎のほかにも、アマゴ・イワナといった魚が見られ、明王谷(みょうおうだに)と安曇川が合流する河原で行われる魚のつかみどりには、子どもたちの歓声が上がります。集団宿泊施設の葛川少年自然の家もあります。

所在地 大津市葛川
アクセス
湖西道路真野ICから30分
お問い合わせ

(公社) びわ湖大津観光協会

TEL:077-528-2772

FAX:077-521-7330

E-mail:[javascript protected email address]

観光・レジャー

 安曇川(あどがわ)の上流付近、比良山系(ひらさんけい)の西側にあります。奇岩怪石と四季の自然美に彩られた渓谷で、秘境ムードが漂っています。山肌を流れ落ちる水は、数多くの滝をつくり、その数は500以上もあるといいます。中でも「三(さん)の滝(たき)」は、ひときわ霊気を帯びた荘厳な滝であり、葛川修験(かつらがわしゅげん)の最終修行場としても神聖視されています。夏は、鮎釣り場として人気が高く、期間中(6月末から8月末)には大勢の釣人で賑わいます。鮎のほかにも、アマゴ・イワナといった魚が見られ、明王谷(みょうおうだに)と安曇川が合流する河原で行われる魚のつかみどりには、子どもたちの歓声が上がります。集団宿泊施設の葛川少年自然の家もあります。

お問い合わせ

(公社) びわ湖大津観光協会

TEL:077-528-2772

FAX:077-521-7330

E-mail:[javascript protected email address]