大徳寺

だいとくじ

更新日
2020/05/12

    元は禅宗の林慶寺と言いましたが天正16年(1588)岡山城主中村一氏が同寺を香花院と定め、小田原の大蓮寺の僧叡誉に寺の建造を依頼し、浄土宗に改め浄慶寺と号しました。その後、層叡誉が家康の幼児の学問の先生だったことから家康が来訪して寄附しました。家康は上洛の際に宿泊もし、慶長7年(1602)大徳寺と改めさせました。

    所在地
    甲賀市水口町本町三丁目3−46
    アクセス
    公共交通機関
    近江鉄道/本線 「石橋」 下車 徒歩 3分
    新名神甲賀土山ICより15分/新名神甲南ICより15分
    駐車場
    普通車 10 台
    お問い合わせ

    大徳寺

    TEL
    0748-62-0077
    エリア
    カテゴリ