法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 醒井地蔵尊・地蔵堂

醒井地蔵尊・地蔵堂 さめがいじぞうそん じぞうどう

最終更新日: 2015年7月6日

基本情報

弘仁8年、大干ばつの時、伝教大師が醒井で地蔵菩薩を彫刻して降雨を祈願し、大雨が3日間降り続いたという。御丈1丈2尺の花崗岩による丸彫りの座像。初めは水中に安置されていたので、尻冷やし地蔵と呼ばれていた。魚を供養するために祀られたともいわれている。
 また、地蔵堂は江戸時代、大垣城主石川日向守が病気全快を感謝して建立したもので、老朽化や火災に遭い、2度再建し、平成2年には大改修が行なわれている。毎年8月23日、24日には盛大な地蔵盆が行なわれる。

所在地 米原市醒井
アクセス
公共交通機関
JR東海道本線 「醒ヶ井駅」 下車 徒歩 10分
北陸自動車道 米原ICより国道21号線を岐阜方面へ約5分
その他
お車でお越しの方は、JR醒ヶ井駅前の駐車場をご利用ください。
お問い合わせ

米原市経済環境部商工観光課

TEL:0749-58-2227

FAX:0749-58-1197

観光・レジャー

弘仁8年、大干ばつの時、伝教大師が醒井で地蔵菩薩を彫刻して降雨を祈願し、大雨が3日間降り続いたという。御丈1丈2尺の花崗岩による丸彫りの座像。初めは水中に安置されていたので、尻冷やし地蔵と呼ばれていた。魚を供養するために祀られたともいわれている。
 また、地蔵堂は江戸時代、大垣城主石川日向守が病気全快を感謝して建立したもので、老朽化や火災に遭い、2度再建し、平成2年には大改修が行なわれている。毎年8月23日、24日には盛大な地蔵盆が行なわれる。

お問い合わせ

米原市経済環境部商工観光課

TEL:0749-58-2227

FAX:0749-58-1197