法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 大津絵の店

大津絵の店 おおつえのみせ

最終更新日: 2019年9月20日

基本情報

 大津の代表的な郷土みやげとして、もっとも広く知られているのが大津絵です。現在は皿や湯呑み、木製製品まで多種多様なものがありますが、もともとは紙に書かれた絵です。 いつ頃から描き始められたのかはわかりませんが、江戸時代初めから逢坂山(おうさかやま)を越えた大谷・追分あたりで道中の人々に売られていたといわれています。大津絵はこのように民衆の中で育った芸術で、芭蕉の句に「大津絵の筆のはじめは何仏」とあるように、最初は阿弥陀仏や十三仏などの仏画が多くありました。 明治時代になって東海道本線が開通すると、大津絵は一時衰退しましたが、初代高橋松山(たかはししょうざん)氏によって見事に復活しました。自由大胆で力強い線と朱色・黄土色・黒色などの鮮やかな原色で独特の味わいがある大津絵は、現在、5代目高橋松山氏によって伝えられている技術です。長等神社のそばに「大津絵の店」という看板が出され、昔ながらの紙に描かれたものから小絵馬(こえま)・木彫り人形・茶碗・ひょうたんなど現代に活用できるものが、たくさん並んでいます。

所在地 大津市三井寺町3-38
アクセス
公共交通機関
京阪電鉄/京津線 「三井寺駅」 下車 徒歩 10分
JR東海道本線 「大津駅」 下車 徒歩 20分
駐車場なし
その他
店舗前に普通車1台分の駐車スペース有り
営業時間 10:00~17:00
定休日など 定休日:第1・3日曜日
ホームページ 大津絵の店
お問い合わせ

(株)大津絵の店

TEL:077-524-5656

FAX:077-524-5753

ショッピング

 大津の代表的な郷土みやげとして、もっとも広く知られているのが大津絵です。現在は皿や湯呑み、木製製品まで多種多様なものがありますが、もともとは紙に書かれた絵です。 いつ頃から描き始められたのかはわかりませんが、江戸時代初めから逢坂山(おうさかやま)を越えた大谷・追分あたりで道中の人々に売られていたといわれています。大津絵はこのように民衆の中で育った芸術で、芭蕉の句に「大津絵の筆のはじめは何仏」とあるように、最初は阿弥陀仏や十三仏などの仏画が多くありました。 明治時代になって東海道本線が開通すると、大津絵は一時衰退しましたが、初代高橋松山(たかはししょうざん)氏によって見事に復活しました。自由大胆で力強い線と朱色・黄土色・黒色などの鮮やかな原色で独特の味わいがある大津絵は、現在、5代目高橋松山氏によって伝えられている技術です。長等神社のそばに「大津絵の店」という看板が出され、昔ながらの紙に描かれたものから小絵馬(こえま)・木彫り人形・茶碗・ひょうたんなど現代に活用できるものが、たくさん並んでいます。

営業時間 10:00~17:00
定休日 定休日:第1・3日曜日
お問い合わせ

(株)大津絵の店

TEL:077-524-5656

FAX:077-524-5753

滋賀のええもん

大津絵の店

明治初年、鉄道の開通や欧米文化の浸透などで、浮世絵等と共に寛永頃(1640)より伝承されて来た大津絵も、時代の波に押し流されようとしました。その復興を願い、初代松山等が三井寺参道にて大津絵の店を構えて以来、五代目迄、江戸文化の伝承を後世に残すことを天職とし、日々努めてまいりました。一度、江戸の庶民の芸術と云われる民画、一度大津絵をご笑覧下さい。

所在地 大津市三井寺町3-38
アクセス
公共交通機関
京阪電鉄/京津線 「三井寺駅」 下車 徒歩 10分
JR東海道本線 「大津駅」 下車 徒歩 20分
駐車場なし
その他
店舗前に普通車1台分の駐車スペース有り
営業時間 10:00~17:00
定休日など 定休日:第1・3日曜日
ホームページ 大津絵の店
お問い合わせ

(株)大津絵の店

TEL:077-524-5656

FAX:077-524-5753