• トップ
  • イベント
  • 令和3年度春季特別展 「びわ湖と城-信長・秀吉・家康の湖上支配-」

令和3年度春季特別展 「びわ湖と城-信長・秀吉・家康の湖上支配-」

れいわさんねんどしゅんきとくべつてんびわことしろのぶながひでよしいえやすのこじょうしはい

更新日
2021/04/16
開催期間
2021年4月24日(土)〜2021年6月6日(日) 9時~17時
入館は16時30分まで

城は、高い山の上に築かれるとは限りません。巨大な琵琶湖を抱える近江では、湖上や湖辺に築かれる水城も多く見られました。人々は何を目的に、平地に城を築くようになるのでしょうか。また、古くよりさまざまな役割を果たしてきた琵琶湖を、城主や戦国乱世を統一に導いた天下人たちは、どのように掌握しようとしたのでしょうか。
水城が築かれる歴史的な背景、琵琶湖の水運をめぐる権力者の変化や戦略を、残された資料から読み解きます。

ウェブサイト
開催地

滋賀県立安土城考古博物館

住所 : 近江八幡市安土町下豊浦6678
アクセス
公共交通機関

JR琵琶湖線 「安土」 下車 徒歩 25分

名神竜王ICから約30分

駐車場

普通車 70 台
大型車 13 台

その他

JR琵琶湖線安土駅からレンタサイクルで約10分

料金

大人900(690)円、高大生640(470)円、小中生420(310)円、県内高齢者(65歳以上)460(350)円
※( )内は20名以上の団体料金です。

お問い合わせ

滋賀県立安土城考古博物館

TEL
0748-46-2424
FAX
0748-46-6140
イベントジャンル