本文までスキップ

  1. トップページ
  2. 一覧
  3. 詳細情報

ヒガンバナ(しがのフォトコン‼2019)

秋の彼岸頃に咲くのでその名がついたというヒガンバナ(別名:マンジュシャゲ)は、高島市内でも湖岸や田んぼのあぜ道など、いたるところで見られます。中でも、広範囲にわたって群生しているのが今津町の桂浜園地です。群生する様子は、まるで真っ赤なじゅうたんを敷いたよう。桂浜には、春はハマダイコン、秋はヒガンバナが琵琶湖を背景に見事に群生することから、カメラを手に訪れる人たちが増えています。

撮影場所

高島市

カテゴリー

関連情報

彼岸花の群生地(桂浜)

ヒガンバナ(しがのフォトコン‼2019)

14030

  • 検索結果一覧へ戻る