本文までスキップ

  1. トップページ
  2. 一覧
  3. 詳細情報

教林坊(しがのフォトコン‼2019)

西暦605年、聖徳太子によって創建されたと伝わり、林に囲まれた地で教を説かれたことから「教林坊」と名づけられました。ご本尊の観音さまは同じく聖徳太子作で、赤川観音と呼ばれ、困難な願いも二度参れば叶う「再度参りの観音」と信仰を集めてきました。
 また境内に広がる庭園は小堀遠州作と伝わり、苔むした巨石が連なる豪快な桃山時代の名勝庭園は、茅葺きの書院(江戸初期、市指定文化財)とあわせて、侘びさびの隠れ里の風情を醸し出しています。
 また晩秋には2000坪の境内をうめる約300本の紅葉の古木が真っ赤に染まり、周りをかこむ数千本の竹林とのコントラスとは拝観者を魅了します。毎年11月15から12月5日にかけて紅葉ライトアップも開催します。

撮影場所

近江八幡市

カテゴリー

関連情報

石の寺 教林坊

教林坊(しがのフォトコン‼2019)

14004

  • 検索結果一覧へ戻る