本文までスキップ

  1. トップページ
  2. 一覧
  3. 詳細情報

菌神社(しがのフォトコン‼2019)

明治時代までは草平社と呼ばれていた。菌とは「きのこ」のこと。637年頃武田折命が乳母の田を植えたところ一晩できのこが生えたという由来がある。
「きのこ」を祀った珍しい神社。
5月5日の例大祭では、ジャコのナレズシが供えられる。

撮影場所

栗東市

カテゴリー

関連情報

菌神社

菌神社(しがのフォトコン‼2019)

13987

  • 検索結果一覧へ戻る