本文までスキップ

  1. トップページ
  2. 一覧
  3. 詳細情報

浮御堂(滋賀のええフォト☆コンテスト2016夏)

 近江八景「堅田の落雁」で名高い浮御堂は、寺名を海門山満月寺という。平安時代、恵心僧都が湖上安全と衆生済度を祈願して建立したという。現在の建物は昭和12年の再建によるもので、昭和57年にも修理が行われ、昔の情緒をそのまま残している。境内の観音堂には、重要文化財である聖観音座像が安置されている。

【阿波野青畝句碑】
 浮御堂の山門のそばに五月雨に濡れた浮御堂の美しさを詠んだ青畝の向碑が立っている。(「五月雨の雨垂ばかり浮御堂」)

●近江八景「堅田の落雁」

撮影場所

大津市

撮影日

2016年08月

カテゴリー

季節

関連情報

浮御堂(満月寺)

浮御堂(滋賀のええフォト☆コンテスト2016夏)

13662

  • 検索結果一覧へ戻る